TOP Page
TOP Page > 京極夏彦

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

京極夏彦『西巷説百物語』発売記念イベントで貰ったサイン本は桂男だったw このエントリーをはてなブックマークに追加

京極夏彦の京極堂と並ぶシリーズ巷説百物語の新刊西巷説百物語を購入し発売記念イベントに行ってきた。

京極夏彦『西巷説百物語』発売記念イベント

西巷説百物語自体が1900円でプラス数100円でイベントとは価格はえらくやすい印象だけど、終わりが25時だったので帰りはタクシ-。足代ふくめると…w
とは言うものの、チケット同時購入に限りサイン本!

京極夏彦『西巷説百物語』発売記念イベント

僕はよくわからん桂男だった。嬉しい…?w

内容は朗読にアニメ上映と対談にドラマ上映。
上映のほうは既に知ってるので正直そんな面白くなかったw
朗読は巷説の中でも特に好きな話である帷子辻だったのもあり嬉しかった。
朗読イベントをよくやる京極夏彦だが僕は初めてだったので。
また昨年にあった菅野よう子のライブ超時空七夕ソニックに行けた時も京極夏彦が居たらしいが後日知っただけだったのでナマ京極夏彦も初で楽しかった。
ただ対談が今回の新刊も含めてきさくに登場人物とか一部の落ちとかネタバレしまくって信者前提で笑った。
夕方までサインを書いていたと言ってたが本当らしいw
対談後にドラマ上映で25時終了。
落語とかみたいに出口で京極夏彦が挨拶しないかと期待したが対談後にすぐ帰ったみたいで居なかったw
それにしても女性客が多かった。男女1:1くらい。
それぞれのサイン本を撮影しあったり、普通の浴衣が2,3人に和服コスプレが3,4人いて実にらしいなとニヤニヤしてたw
僕の席から通路はさんで左前にいた女性が靴脱いで裸足になりスカートなのに椅子に体育座りで上映や対談を観覧してて実に可愛らしく、しかも体育座りだからスカートが膝をこえて太腿までめくれてたのに気にせず観覧しててちょっとたまらんあれだった…。

Tags : 京極夏彦 西巷説百物語

未分類 [ 2010/07/25 03:02 ]

よつばと京極堂の酷く羨ましい友人関係 このエントリーをはてなブックマークに追加

日常をうまいこと娯楽に仕立て上げてる『よつばと』と、日常には無縁である知識があたかも幻想ではなく常識なのだと示す京極堂シリーズ
作風も異なれば主題も異なる2作であるけど、僕にとってはともに憧れる作品である。
その憧れの対象とは何か、友人である

それぞれの友人

ここで言う友人とは【よつばと】=ジャンボ、ヤンダ。【京極堂】=榎木津礼二郎、木場修太郎である。

よつばと!

まずは前者【よつばと】のジャンボヤンダだが、特にヤンダ初登場の話がわかりやすい。
彼、ヤンダは仕事の昼休みにカップラーメンを持参しよつば(とーちゃん)家に来宅。そして何かごちそうになるでもなく持参したカップラーメンを食べるだけで「じゃまた飯食いに来ます」と言って職場へ帰ってしまう
無論、漫画であるし実際には登場人物達の会話なりが展開されるのだけど、要約すると以上なのだ。
何が言いたいのかと言うと、彼らにとっては改めて会おうと段取らずどこかに行こうと目的もなく、ただ一緒にいるのが目的、生活の一部なのだ。
他にはとーちゃんは仕事しつつジャンボは同じ部屋で寝そべって雑誌を読んでる、など。
気遣いは作中にもあるし、現実で良い関係を築こうと思うならばなおさらだが、特に年齢を重ねると難しいのは声をかけるか否か、だと思う。
互いに予定と言うものがあり親しくともそこはやはりどうにもならない事だ。

京極堂

さて後者【京極堂】=榎木津礼二郎木場修太郎
関口を外したのは作中の「知人です」に準拠したわけでなく今回の論点である立場役割とは異なるからで他意はないw
わかりやすいのは魍魎の匣における榎木津のくだりだろうか。
「今日はね、何と話があって来たのさ」と嘯いた。つまりは、矢張りいつも明確な意図などなくここを訪れている、と云うことである。
彼らはともに戦争経験者であり、だからこその連帯感と言う前提もあるけれど。
木場を含めた百器徒然袋 雨の描写はこうである。
どうするんだよおい――と木場が尋く。
「やっつけるのだ。勧榎木津懲悪だ!」
どこの言葉だよと木場が云った。
昨夕榎木津が攻撃宣言をした後、木場や中禅寺は各各の持ち場を無言のうちに諒解したらしく、大した打ち合わせもないままに散ったのだった。
こちらは娯楽作品故の誇張もあるし、もっと幻想的なので何とも言えないけど彼らの関係性だけはしっかりわかる。

創作だからこそ可能な心のつながりではあるけれど、人種性別世代を限らず誰でも抱くことではなかろうか。
わざわざ「会おう」と言わずに会える、話題はないかと頭をまわさず無言のままにただ同席する。
これらは親兄弟ならば全く当然にこなせるけど、知人を相手にはやはり難しい。
恋愛だとまた違う。互いに欲求がはっきりあるだけに喧嘩もあるが馴染むのも早い。

娯楽における幼馴染が根強く人気なのもこれらの理由と同じく「気遣わず弱みも許容される」からだし、実際の自分にとっての関係の善し悪しは別として、それでも私は、何だか酷く男が羨ましくなってしまった。

関連記事関連リンク

Tags : よつばと! あずまきよひこ 京極夏彦

未分類 [ 2010/05/13 23:58 ]

漫画版『魍魎の匣』最終回しかし次号にて『狂骨の夢』連載開始! このエントリーをはてなブックマークに追加

コミック怪 Vol.10 2010年 春号漫画版魍魎の匣の最終回が掲載されてるを読んだ。
いやあ素晴らしい漫画化だった。
漫画だと小説に比べて急ぎ足の印象ではあったけど、各キャラクタの造形や細かい仕草の抽出など、文字数を減らした漫画故の弱点を漫画故の強みでおぎなって、所見と信者どちらにも楽しめるようになってる。
いやあ見事。

Tags : 京極夏彦 志水アキ 魍魎の匣

未分類 [ 2010/04/24 16:32 ]

白い羽織に黒い着流し、ついに憑物落とし。志水アキ【魍魎の匣(4巻)】と【コミック怪 Vol.09】同時発売。 このエントリーをはてなブックマークに追加

京極夏彦の最高傑作とも名高い魍魎の匣を志水アキが漫画化。
最新刊の単行本は御筥様と対峙。そしてコミック怪 Vol.09ではついに美馬坂を相手に憑物落とし!

コミック怪 vol.09 魍魎の匣 4巻

Tags : 魍魎の匣 京極夏彦 志水アキ 京極堂 コミック怪

未分類 [ 2010/01/22 23:31 ]

【コミック怪 2010年 冬号 Vol.09】は新年23日に発売 このエントリーをはてなブックマークに追加

コミック怪 2010年 冬号 Vol.09: コミック&アニメ: 京極夏彦 志水アキ | 角川書店・角川グループ

魍魎の匣と百器徒然袋が並行連載されているコミック怪ですが、来年23日に冬号 Vol.09が発売するようです。早いな。

関連記事

Tags : コミック怪 京極夏彦 志水アキ

未分類 [ 2009/12/10 15:06 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。