TOP Page > 2008年07月
TOP Page > 2008年07月

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

押井守のクリエイティブ論に惹かれ『スカイ・クロラ』が観たくなる このエントリーをはてなブックマークに追加

以下の記事を読んで感銘したのでちょろっと記述。

「電話が嫌いだから、ケータイは持たない」――押井監督が語るケータイ論とは
「クリエイティブな仕事の基本は、人を楽しませること。お金ではなく、手間暇さえかければ見つかる、人に見せるべき面白いものとは“人間”だ。――(中略)――自分だけの自分と、他人とかかわるときの自分の両方があって成立する。どちらか一方ではダメ。だから『あの映画を見た、これを知っている』と情報をさばくことではなく、『あの映画がこう面白かった、ここが良かった』ということが重要。モノを作るとか、人を喜ばせるとかは、面白いことを共感できる仲間がいないと始めることができない。その時、自分よりも才能があるヤツがいたら、そいつに作らせればいい。自分を捨てることで、自分が生きることがある。自分を捨てられる誰かと出会うことが、一番クリエイティブなこと」(押井監督)
これは僕の経験則だけれど、観たとか聞いたとか行きたいとかの話はされるけど、観てどう思った、聞いてどう感じた、行って何を得たかなんて話してくれる、話せる人って意外と少ないんだなと思った。
説明(表現)しない、出来ないのは個性を無視した差別だと僕は思う。無論、説明(表現)しない、出来ないのも客観的な個性(差異)ではあるけれど、思考,感想が言えない、聞けないならば人間関係(ネットワーク)を無視した単なる自己陶酔に終わり、僕個人はそんな人とは関わりたくないと思う。
クリエイティヴとは撮影したり作文したり作曲したり映画や音楽や文学などの作品だけに限らない。誰でも雑談くらいするでしょう。雑談するからには一言でも言葉を発するわけで、その発言=表現であり、表現=クリエイティヴだと僕は思う。
表現に努める人の話は、たとえ話題が聞き手にとって未知の対象でも、聞くだけで未知を既知に、そして表現者であるその人指向を知る、と云う人間関係(ネットワーク)の基本、根本を有意義にする。
引用文小説家を志すあなたが、「夜がきた」と書いてはいけないワケのように似た指向、記述は幾らでもあるでしょう。その割には受け入れられていない、と僕は感じています。
クリエイティヴ(表現)とインタラクティブ(双方向)って入出力,送受信と云う意味で同じだと思うのですよね。このネットの時代に、ネットを利用出来る環境にありながら燻っている人を見ると、なんとなく寂しい。
なんて事を書いたり考えたりしていたら、スカイ・クロラ原作が肌に合わなかったので見送っていたのに、先日人狼を見直したのもあって観たくなってきた。DVD待ちだけどね。

関連記事
有益で無益な『勉強』とはなんぞ

Tags : 押井守 スカイ・クロラ 森博嗣

映画 [ 2008/07/31 14:08 ]

魔性の女、悪女について このエントリーをはてなブックマークに追加

【男女板】一見そうは見えないのに魔性の女っていない?

↑の記事を見て思った。それと気付かない、見えないからこそ魔性なんじゃないでしょうか?
魔性と一言でも、性格は幾つかあると思います。
1.腹黒系
相手と恋愛感情に応える気がないのに、着かず離れずの関係で金銭や物品や食事など物理的な要素を相手から取得する

2.天然系
相手の感情を察せずに関わる鈍感
僕個人は、前者は悪女と呼んでいます。自身の利益をはっきり自覚して相手の感情を利用しているのですから。
後者が魔性。悪意はなく、それでいて相手の感情を袖にする。蓮川すみれみたいな、君には敵意もナケレバ、悪気もナイシ、誰にも迷惑ナンカかけてナイと思っテイル。自分を被害者ダト思っているし、他人に無関心のクセに、誰カガイツカ自分を助けてクレルト望ンデイル。だが、ソレコソ悪より悪い「最悪」と呼バレルものダ。他人を不幸に巻き込んで、道づれにスル「真の邪悪」だ。恋愛で付き合う気はないけれど、それでも貴方とずっと関わっていきたいなんて云う女ですよ!!
例えば、SMの様に、Mである男性への対応とか、一見袖にするようで需要と供給が伴っている場合もあると思うんですよね。それでも魔性の女なんて言われる女性も居るでしょう。
例えば、↓みたいなのを魔性の女と呼ぶ人も居るのでは?

オタクの純情な人々を喰いまくっております

この場合、女性も物品ではなく自尊心や恋愛感情を消化するための行動ですし、僕はそう思いませんでしたが、どうなんでしょうかね。
結局、男性の持つ幻想と、女性が持つ嫉妬の結果なんですよ、魔性の女なんて。
ってのが僕の結論。
それでも、藤沢麻衣子音無響子魔性の女だと思うね、俺は。
向かい席で二人で酒を飲んで、僕が隣に座るのを許してくれて、そして僕の肩に凭れてきたのに、この前も一緒に遊んで、帰り電車での別れ際にホームで見送る僕に、電車乗って扉脇に乗って立っていたのに一瞥もくれない彼女、そのひとが大好きなんだ俺orz

以上、チラ裏でした。

関連リンク
魔性の女とハマる男の心理
魔性の女の見分け方

悪女について (新潮文庫) (あ-5-19) 有吉佐和子

Tags : 魔性の女 悪女 恋愛

感想(考察) [ 2008/07/30 23:33 ]

名言・格言・科白集 このエントリーをはてなブックマークに追加

適宜更新中。
一部ネタバレ含みます
順不同なので検索を推奨。

Tags : 名言 格言 名台詞 名科白 名ゼリフ 小説 漫画 映画 ゲーム

未分類 [ 2008/07/29 15:49 ]

『海皇紀』の時代が現実に!? 燃料高騰で帆船による海運が復活。 このエントリーをはてなブックマークに追加

燃料高騰で帆船による海運が復活

それなんて海皇紀
と突っ込んでしまった。記事によると原油価格高騰の影響で天然の動力源(風)で可動する帆船が再注目されているそうだ。GIGAZINEの記事の写真がスクーナなのにもニヤけるw
トップスルスクーナじゃないけどA^^;
現実に影船八番艦が走るのもそう遠くないなw

海皇紀 36 (36) (講談社コミックス 月刊少年マガジン) 川原正敏

Tags : 海皇紀 川原正敏 帆船

漫画 [ 2008/07/29 12:38 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。