TOP Page > 2010年09月
TOP Page > 2010年09月

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

歴史スイーツ小説【海賊と刺繍女】 このエントリーをはてなブックマークに追加

海賊と刺繍女題名に惹かれて所謂ジャケ買いした小説。
しかも概要を誤読して不倫相手に振られて疲れたヒロインと海賊の歴史活劇だと思ったら不倫と海賊は無関係でがっかりw
日本の思春期礼賛とは少し離れたくて海外作品を選んだところもあったのでセルフ二重の極みだった。
翻訳は言葉遣いの狙いがどうしてもオリジナルとは異なり意味はわかっても意図がわからん冗長が目立つので苦手だが、これもそうだった。
ハリウッド映画の脚本を邦訳も併記してるダークナイト(名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)を読んで初めて英語の駄洒落に気づくなど、翻訳ってやっぱり限界がある。英語優越ではなく、言葉は意味と発音の両立なのだな、と自明を再認識する。
そして異なる言語を口にしながら通じる何かもある。
これは言うなればヨーロッパスイーツ小説だ。
女性の自己愛によってなりたってる。
現代と1625年の関係がネバーエンディングストーリのように読者と記述の関係で結ばれるが、つまり『女』というだけで共有した気になってるが関係は浅薄。
1625年の展開はたしかに劇的で幻想的だが、これが童話の体裁ならば好奇心と教訓に満ちて素晴らしいのかもしれないけどある歴史と犯罪と女性における事実、とすると実にぬるい。いけ好かないクラスメートにおちょくられてあんな奴大嫌いなのにどうしてこんなに胸がドキドキするの…結局はそれである。
あれほど凄まじい経験をした1625年のヒロインが1度も陵辱されずただイイ男とだけ出会い何とかなってるのは幼馴染と義妹が無条件で好いてきて3Pするエロゲ並に気持ち悪かった。
この作品の全体的な気持ち悪さはそこにある。
一般小説、しかもあるていどの年齢を見越した作品だと俺が思い込んでいたのが悪いのかもしれないが、何て事はなくこれは若い女性向けのロマンスなのだ。
だから個人的には失敗だ。
群青学舎に掲載されてるような悪漢と姫君のロマンスなど大好きだが、これに期待してたのはもっと深く重いものだったので完全に読み違い。
The Dark Knightのつもりで見たらOld BATMANだった…みたいなw
個人的には以下2点が収穫。
前者は女性的な描写で。後者は一般論として。
「僕にはさよならは言わないのか?」マイケルは憮然として言った。
「私たちはだいぶ前にさよならを言ったような気がするんだけど」すまして言うと。彼の視線を背に感じながら歩き去った。
「ずいぶん敬意をこめてお話しされるんですね。海賊の首領のこととは思えないほどだわ」カレドは微笑んだ。「あなたの国のロビン・フッドや、それからフランシス・ドレイク、それにリチャード獅子心王について私も同じことを言いますよ。ある文化の英雄は別の文化で悪者なんです。私たちがどちらの文化の側にいるかというだけのことですよ」
先日完結した潔く柔くに近い脱力。皮肉がきいて劇的なのに最後は結局そこかよ、みたいな残念さ。やっぱエロゲもスイーツも苦手だw
未分類 [ 2010/09/30 23:42 ]

坂本真綾(DOWN TOWN)偽乳国際論争 このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のファンに限らず異国のファンも偽乳にくいついてて笑った。

[Maaya Sakamoto] 坂本真綾 - DOWN TOWN [PV]

注目すべきは二の腕に対してright,u get the point...とかis Maaya? so glamorous? Faked bust?とか薄いのに熱い胸とはこれいかに。
PVも気取らず素直な感じでいいね。

未分類 [ 2010/09/30 19:14 ]

思わせぶりな表情がたまらん【ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー テスト用プラグスーツver.】 このエントリーをはてなブックマークに追加

本編と違いフィギュアは笑顔が多い中でどこか憂いと秘めた表情のヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー ~テスト用プラグスーツver.~ (1/6スケールPVC塗装済み完成品) 壽屋が届いた。

サムプル画像で気に入って購入したけど1/6スケールだと失念していて思ってたより大きくで驚いた。オーディン程じゃないけどw
未分類 [ 2010/09/26 23:02 ]

浮かれた時代の浮かれた世代による青春【ぼくらの七日間戦争】 このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくらの七日間戦争 [DVD]浜崎あゆみ小室哲哉の曲Seven Days Warをカバーしてると知って久しぶりにオリジナルを聞く。この曲はもともとぼくらの七日間戦争という映画の主題歌で昔好きだったので何の気なしにググったら何とDVD化されていたので即ポチった。
未分類 [ 2010/09/25 22:20 ]

表紙の通りエロいリア充なだけだった【潔く柔く】完結巻 このエントリーをはてなブックマークに追加

潔く柔く 13 (マーガレットコミックス) いくえみ綾潔く柔く完結巻を読んだ。
これまで1人ずつ表紙を飾っていたのが最後に赤沢とカンナ。しかもどことなくエロいw
内容は半分以上が外伝と短編で、本編は1/3程度で終わってしまう。
妙に引っ張るから期待してたけど頁の割合も落ちも個人的には不満。
俺やっぱカンナ嫌いだな。
顔もいいし仕草もいい、男に受けるのもわかるけど最後にそこで落ち着くなら最初から騒ぐな、と。
これまで様々な関係が描かれてきて、しかも恋愛に限らない男女間を見せてきて、最後に恋愛に落ち着くにしろ人の死に絡んだ最も深刻な問題を抱えた人間が結局スイーツだとかリア充だとか簡単な揶揄にはまってしまう行動なのはどうなんだろう。
結局は切り捨てる、そんな当たり前に他人の人生を費やす思い上がった人間。
それが人生と言えばそれまでだが、それは周りが許すからこその感動であって自己陶酔の道具ではない。
男の俺から見てもカンナは駄目で嫌な奴だ。
ってか時系列を色色変えてたのに最後に梶間が出ないってどういうことじゃあ!
本作1番の男前なのに…。
言うなれば深刻な悩みも顔がよければ何とかなるよ、そういう話だった。
違うのはわかってるけどそれで終わってしまうような女だったカンナは。
未分類 [ 2010/09/24 23:23 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。