TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト未分類 > 島崎=マリア>レイプ目【荒川UB】
TOP Page > スポンサー広告 > 島崎=マリア>レイプ目【荒川UB】TOP Page > 未分類 > 島崎=マリア>レイプ目【荒川UB】

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

島崎=マリア>レイプ目【荒川UB】 このエントリーをはてなブックマークに追加

一般アニメにおけるうれしはずかしお姫様抱っこシーン集を見てネタに笑って坂本真綾ヒロインってのもあって荒川アンダーザブリッジを見た。
神谷浩史と新房昭之シャフトが化物語すぎてしんどかった。
異なる作品を同じ演出1色に染めるのは如何なものだろうか。
基本的にギャグ作品を楽しめる素養がないのもあって前振り長いくどいネタ合戦に閉口。たしかに河童は最初笑ったけど、基本的にキャラの1発ギャグでいつでも楽しめる反面、作品の世界がうっとうしくヒロインとしての魅力=謎を保持するために坂本真綾レイプ目の出番もわりと少なめだし、1期は初デートが全てじゃなかろうか。
原作を読んでないからもとからなのかアニメ故なのかわからんが、それでも町は廻っているでも思った事だが笑いも萌えもシリアスも等しくあるってのがこの手の作品の売りじゃなかろうか?しかし感動的な話を構成上ひっぱって音楽と芝居で大げさにして、話ごとの温度差がありすぎてどうにもなじめなかった。
悪態ついてるけど大事だって気づいた、っておやくそくがしめなのは当然だけど2話もひっぱってやることだろうか…。
作品が悪いというよりも、乗りの維持と体裁の両立が難しいという話だけど。
その点2期はそれぞれの個性と関係に絡めた日常キャラ話によるギャグなので萌えたし笑ったし多いに楽しめた(だから1期ほどの感動はなかった人も多かったのではなかろうか)。新房シャフト色も薄くコメディ,パロディとしての演出が多かったし。
立木文彦と後藤邑子のバードボイルドが良かった。ただのカップリングネタ好きなだけだ。
ただ後藤邑子の出番が増えた代償に沢城みゆきのご褒美タイムが全然なかった。マリアという絵では出番があったけど絡みが全然。
キャラの性質上どうしたって合間のパンチにしかなれないからしょうがないけど。
阿良々木とレイプ目、そして田中理恵と大塚芳忠に対してみゆきちテラ子安が物足りない、もうちょい何かあっても良かったのではなかろうか…それこそ2期のOPでカップリングがより強調されてたのに…。
レイプ目は神秘性を保持しつつよくもまあ萌え要素を惜しみなく披露したなと関心。
しかし1番笑ったのは白線に乗った王子様だろうか。
ところで聖おにいさんと同じ作家なのね。
音楽は1曲、初デートの時に2人がデートについて会話してる時のピアノ曲が良かった。

未分類 [ 2011/12/05 21:52 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。