TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト未分類 > もしも加藤英美里に会えたらどうしても伝えたいことがあるんだ
TOP Page > スポンサー広告 > もしも加藤英美里に会えたらどうしても伝えたいことがあるんだTOP Page > 未分類 > もしも加藤英美里に会えたらどうしても伝えたいことがあるんだ

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

もしも加藤英美里に会えたらどうしても伝えたいことがあるんだ このエントリーをはてなブックマークに追加

207 +1:名無しさん@お腹いっぱい。 ::2011/12/23(金) 11:23:05.45 ID: 3xTddPv/0 (4)
俺はえみりんの陸ガニのふんどしを脱がすと、生い茂ったヨアトル大森林をかき分けイフリートの釜にある神木の新芽をもてあそび始めた。
「おいおい・・・口ではイヤだと言っておきながら、ダングルフの涸れ谷がすっかりパシュハウ沼じゃないか・・・」
「も・・・もうガマンできないの!早くあなたのガルカンソーセージをちょうだいっ!!!」
すると突然神木の新芽から指を離し、その指を私のオルデール鍾乳洞へ・・・
「あぁ・・・イヤァ!鍾乳洞はイヤァ!」
「鍾乳洞のバージョンアップはまだなのか?・・・俺がメンテナンスしてやるよ、さぁ力を抜くんだ」
「!!!!痛いっ・・・」
激痛が叫ぶ私に目もくれず彼は鍾乳洞にガルカンソーセージで激しくログインログアウトを繰り返した。
「うっ・・・よくしまる鍾乳洞にたっぷりとダルメルの唾液をぶちまけてやるぜ」
・・・やがて激痛は快楽へと変わり、彼のガルカンソーセージはスムーズにワスプスティングを始める。
「あぁぁ!!!!いぃぃ!いいわ!・・・あぁ!スライムオイル出そう!スライムオイルが出そうよぉぉぉ!!!!」
TPが100%になったと同時に私はマホガニーベッドにスライムオイルを噴射した・・・

208:名無しさん@お腹いっぱい。 ::2011/12/23(金) 11:50:17.26 ID: lnBPhDTQ0 (2)
>>207
GOさんログインしたらそれチャットで送るわ

209:名無しさん@お腹いっぱい。 :sage:2011/12/23(金) 11:55:52.94 ID: 03ZCbLd10 (2)
クソワロタ


肉の朗読を思い出した。

未分類 [ 2011/12/23 13:12 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。