TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト未分類 > 菅野よう子が自覚した「無駄にさえずってるだけ」のピアノ【Cut 2012年 02月号】
TOP Page > スポンサー広告 > 菅野よう子が自覚した「無駄にさえずってるだけ」のピアノ【Cut 2012年 02月号】TOP Page > 未分類 > 菅野よう子が自覚した「無駄にさえずってるだけ」のピアノ【Cut 2012年 02月号】

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

菅野よう子が自覚した「無駄にさえずってるだけ」のピアノ【Cut 2012年 02月号】 このエントリーをはてなブックマークに追加

菅野よう子が坂本真綾の結婚について語ってると言うのでCut 2012年 02月号を買ってきた。

記事は全部で4頁。写真1頁にインタビュウ文字列3頁。
2011年の前半からSMAPやら紅白やらメジャな仕事が増えたとか坂本真綾の結婚に安心したとかエスカフローネ当時から女子高生と神話について語る河森正治に何言ってんだこいつと思ってたとか色色と短いながら語ってるけど、個人的には自身のピアノ演奏に関するとこが面白かった。
あの、いままで、あたしって若い頃……っていうか、子供の頃からものすっごいピアノがうまくて(笑)
なにも考えなくても弾けたし、曲ができたんですね。たぶん30歳ぐらいまでそうだったんですよ。当時はもう『ほれみろ!』みたいな(笑)
でも、あるとき、わたしって無駄にさえずってるだけで、結局、何も言ってないじゃんていうことに気が付いて。
これやっぱり自覚してたんだね。
2001年のシートベルツliveはしめが菅野よう子のピアノソロ,メドレーだったんだけど、これがもう1人よがりの酷いもんだった。

それが2009年の超時空七夕ソニックでは生らしい揺れと曲としての体裁をしっかり両立した素晴らしい演奏だった。

ゲストとして坂本真綾の伴奏を1人でやったのも、しっかりと主役の動きを見ながら土台として引き立てる仕事人っぷり。

昔は無意識にできてたことが今は意識しないと出来ないってのもあったけど、それは言ってしまえば丸パクリを避けるためには必要だし、商業作家って1番そこに気をつかうのに、脊髄反射erとしてそんなの考えずにやってきた結果なのかな…と。
言ってる内容はこれ誰も彼も歳をとると思い至る事そのまんまだしね。
やっと商業作家としての立場と特権を自覚した大人になった…ということなのかな。
年齢とそしてバブルと兎に角節操なくさえずるのが受けた時代もあったわけだし。
坂道のアポロンは演奏は別の人に任せて、かつ作品からしてカバー曲が多そうだけど何をやってくるのかね。

未分類 [ 2012/02/01 00:20 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。