TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト感想(考察) > らいか・デイズ(14)の1点だけどうしても許せない
TOP Page > スポンサー広告 > らいか・デイズ(14)の1点だけどうしても許せないTOP Page > 感想(考察) > らいか・デイズ(14)の1点だけどうしても許せない

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

らいか・デイズ(14)の1点だけどうしても許せない このエントリーをはてなブックマークに追加

今回も面白かった。
周囲もすっかりらいかと竹田をからかう環境ですらなくなり、読者と作者はおろか作中ですら夫婦扱い。
冷蔵庫を買うくだりはニヤニヤしたし、バレンタインチョコのやりとりも互いに恥じらいすらなくただ自然と受け取っているし、1問だけ間違える事をらいかが竹田にちゃんと突っ込むなんて初めてじゃないか?w
表紙カバーを取るとらいかの両親のプロフがのってるが、らいか父の名前って今回が初登場じゃないか?
高橋と下級生の恋愛はいかにも子供じみた微笑ましいものだし。
紺太のサンタもおなじみなのにまたしっかりと変化をつけてきて、声をあげて笑った。
んで許せないことなんだが…紺太に惚れてた保母に彼氏ができた
これは駄目だろ。
前に『あの夏で待っている』9話の「切なさ」にほど遠い失恋の重要性と違和感でも書いたけど、主要キャラに関わる恋愛で失恋した脇役に別の相手をあてがう救済は全てを台無しにする。
紺太は作中1,2位を争うほどの男前なのに、それに惚れてた女キャラがあっさりと別の幸福をつかんでるっていう、もうしょうもない少女漫画を見せられた感じ。放浪息子の千葉さおりに彼氏が出来たときも思ったけど、そうやってどうとでもしてしまうなら最初から主役に恋愛で絡む立場にすんなよと。
ある意味現実的ではあるんだけどね、現在の幸福のために幾らでも何でも切り捨てるのは。
今回はラヴコメ的にもドタバタ的にも笑えたし良かったけど、何かこの保母の扱いのせいでいまいちぬおおおおおってなれなかった。下手したら紺太にも何か救済措置をとりそうで嫌な感じ。

感想(考察) [ 2012/06/15 11:36 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。