TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト映画 > 脚本と区別する名詞は無いのか?
TOP Page > スポンサー広告 > 脚本と区別する名詞は無いのか?TOP Page > 映画 > 脚本と区別する名詞は無いのか?

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

脚本と区別する名詞は無いのか? このエントリーをはてなブックマークに追加

映画やアニメなどはたまに脚本が書籍化されて市販されるが、これを読んでいて気になったことがある。
この書籍と脚本は異なるということ。
以下に流れを記す。
1脚本現場で使うもの
2映像完成品。監督の指示や役者の機転で脚本と異なる台詞がある。例やめろ→やめてとか。
3これに該当する名前2=映像、完成品の台詞を文字化したもの。脚本のやめろじゃなく映像のやめてを収録したもの。
つまり1と3では、原案と完成として変化があるわけで、もし変更前の脚本(1)を市販すれば映像と異なる言葉遣いになるし、映像の音声をあとで文字にした書籍(3)の場合は当然現場で使われた脚本(1)と異なる内容になる。
この3に該当する名称、1の脚本と区別する名称がないものか、と思う。
脚色や正本もまた違うような気がするし。

サウンドトラックと言いながら、本編に使用された曲が未収録だったり、使用された曲と編曲が違ったり、本編と抱き合わせで実質本編を買わないと聞けないんじゃサウンドトラックと切り分けた意味ねえだろ、とか、それに近い憤りを抱く。

脚本(1)といって売り出すなら、映像(2)で変更される前の状態を売り出すべきだし、映像(2)にあわせた内容ならばそれ(3)はまた別の名前で認識されて扱われるべきだと思う。
自分が知らないだけで何かふさわしい名詞があるのだろうか?

映画 [ 2012/06/29 00:49 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。