TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト感想(考察) > 【フランケンウィニー】雑感
TOP Page > スポンサー広告 > 【フランケンウィニー】雑感TOP Page > 感想(考察) > 【フランケンウィニー】雑感

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

【フランケンウィニー】雑感 このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルの実写をリアルタイムで見たものとしては感慨深いものだった。
もとを知ってるだけに、膨らませた部分が冗長に感じた。
音楽がところどころバットマンと似た動きなのに笑った。
背景や視覚効果にデジタル合成が多用されていて純粋なストップモーションとは違う印象。コープスブライドよりは控えめだけど、陰影や色や明るさの質感が白黒でも隠せていない。
造形や煽りからのギャップ萌え、萎えは相変わらずうまい。というかそれだけが、それこそが売りのバートン。
他の映画と同じく予告でおいしい場面を見せ過ぎ。知らなければもっと笑えた場面もあったはず。
感想(考察) [ 2013/04/30 17:15 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。