TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト漫画 > 【放浪息子】最終回の千葉さおりの出番は9/30頁、25齣。
TOP Page > スポンサー広告 > 【放浪息子】最終回の千葉さおりの出番は9/30頁、25齣。TOP Page > 漫画 > 【放浪息子】最終回の千葉さおりの出番は9/30頁、25齣。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

【放浪息子】最終回の千葉さおりの出番は9/30頁、25齣。 このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 9/30頁
  • 25齣
扉絵が二鳥と高槻を大きく、その腋でちゃんと顔がでてるのが千葉さおりだけ、というのが志村貴子わかってる。
それにしても、千葉さおりが最後はただ押しに弱いだけの典型的な女になってしまってるのはどうなんだろう。結局は女であり女を肯定して終わる自己陶酔が気持ち悪くてもったいない。と言っても自分が悪いと言いながら自分以外に責任転嫁する女要素が無いというのが、ここまで描いた千葉さおりの個性というか所以か。
高校編から二鳥とろくに絡んでいない、千葉さおりもふっきれているのに、萌えキャラ化した途端にそれを可愛いという二鳥の独白は強引ではなかろうか。最後の夢も後付けで、キャラは立っても関係が希薄で終わってしまったのが惜しい。青い花の違って、恋愛など関係じゃなく個人の願望を主軸においているから当然なのだけど、10年かかった作品にしては関係を発展させたように見せて、結局それがあんま意味ないというか…。
高校編は蛇足だった。千葉さおりのポニテを見るための蛇足だった。
千葉さおりの立ち位置は、主人公に惚れて、主人公に振られたら、恋愛で救済しちゃ駄目だよ。
末広安那が菩薩すぎてやばい。
末広安那と千葉さおりは初セックスまでちゃんと描いて欲しかった。性の束縛と脱却、そういうのが主題なんだから性器に縛られた行動は必要だったのでは。
最終回の掲載号の付録がテルマエロマエって…。

漫画 [ 2013/07/12 12:07 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。