TOP Page > スポンサー広告 > スポンサーサイト感想(考察) > NHKは佐村河内守を「取材」じゃなく「宣伝」したのに「取材」と言い張る問題
TOP Page > スポンサー広告 > NHKは佐村河内守を「取材」じゃなく「宣伝」したのに「取材」と言い張る問題TOP Page > 感想(考察) > NHKは佐村河内守を「取材」じゃなく「宣伝」したのに「取材」と言い張る問題

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

NHKは佐村河内守を「取材」じゃなく「宣伝」したのに「取材」と言い張る問題 このエントリーをはてなブックマークに追加

例の番組を見た時に、笑いが止まらなかった箇所がある。
それは、HIROSHIMAのフルスコアを、1日(書き始めて翌日)で完成した記譜だ。
ありえない。
記譜は、楽器の腕次第では、演奏よりも時間がかかる作業なのだから。

【PDF】佐村河内氏関連番組・調査報告書 2014 年 3 月 16 日 日本放送協会


↑を読んだ。
酷い。
そもそも取材とは、取材対象の是非(良い悪いの両方)を扱うものだ。
でなければ取材ではなく攻撃または宣伝だからだ。
作曲や編曲で面倒なのは、記譜なのだ。
白玉でうめるような曲でもない限り、曲の長さと記譜の苦労は比例し、仮に、天才的閃きで脳内で曲が出来ていても、単純に物量の問題だから、記譜の速度は才能ではどうにもならない。
例えば、1時間の会話を全て文章に書き起こしたら、書いている時間は1時間ではすまないだろう。記譜とはつまりそういうこと。
しかも、楽器の種類によって書く場所や書く記号が異なり、会話のように人物Aの発言、続いて人物Bの発言、というように連続していない。音楽はそういう意味で会話的要素もあるが、会話の文字起こしに、話している人物A以外の10人や20人の相づちや、人物Aの話を聞いてない人物A以外のこそこそ話も全て書き記せ、と言われたら途方に暮れるだろう。音楽の分野にもよるが、管弦楽における編曲(記譜)とは、そういう作業なのだ。
HIROSHIMAの尺と頁を12時間で書き終わるなんてありえない。
素人は譜面を読めないし、現場の苦労をわからないし、わかれ、という話ではない。
問題は、NHKが現役のクラシック作家(演奏家)達に、同じ作業の平均値(中央値)を確認せず、また、素人目に見て不審な点を、不審を自覚しながら確認しなかったこと。
耳の状態も同じく。
といっても、NHKがそんな事どうでもよくて、佐村河内で儲けようとした一派だから、そもそも取材なんてする気がなく宣伝してた、というのが本当のところだろうが。
「無断引用」という表現はよろしくないと同じく、ある対象の利鈍を検証しないなら、それは取材ではないので、今度から取材と宣伝を明確に区別し言葉をつかいわけるべきだ。
感想(考察) [ 2014/03/17 15:00 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。